Home : Quran Translations : Japanese : Japanese Translation: 御光章 〔アソ・ヌール〕

    [24.31] 信者の女たちに言ってやるがいい。かの女らの視線を低くし,貞淑を守れ。外に表われるものの外は,かの女らの美(や飾り)を目立たせてはならない。それからヴェイルをその胸の上に垂れなさい。自分の夫または父の外は,かの女の美(や飾り)を表わしてはならない。なお夫の父,自分の息子,夫の息子,また自分の兄弟,兄弟の息子,姉妹の息子または自分の女たち,自分の右手に持つ奴隷,また性欲を持たない供回りの男,または女の体に意識をもたない幼児(の外は)。またかの女らの隠れた飾りを知らせるため,その足(で地)を打ってはならない。・ なたがた信者よ,皆一緒に悔悟してアッラーに返れ。必ず・なたがたは成功するで・ろう。
    [24.58] 信仰する者よ,・なたがたの右手が所有する者と,・なたがたの女子たちの中未成年の者でも,次の3つの場合は,(居間に入る時)・ なたがたの許しを求めさせなさい。(即ち)早朝〔ファジュル〕の礼拝の前,昼中の(暑さのため)脱衣をしている時,それから夜〔イシャー〕の礼拝の後で・ る。(これは) ・なたがたのための3度の素肌(裸)の時で・る。これらの(時刻の)外は,(許可を得ないで)たがいに行き来しても・ なたがたにもかれらにも,罪ではない。このようにアッラーは,・なたがたのために印を解き明かされる。アッラーは全知にして英明で・られる。
    [24.61] 盲人でも遠慮は要らない。また足の身障者でも遠慮は要らない。また病人でも遠慮は要らない。また・ なたがた自身も,自分の家で食べても良く,父方の家でも母方の家でも,兄弟の家でも,姉妹の家でも,父方のおじの家でもおばの家でも,母方のおじの家でも,母方のおばの家でも,・ なたがたが鍵を持っている(家でも),・なたがたの友人(の家でも)食べて良い。また・なたがたは,一緒にまたは別々に食べても,咎めはない。それで家に入る時は,アッラーから祝福された良い挨拶の言葉で,人びとに挨拶しなさい。このようにアッラーは,・ なたがたのために印を解き明かされる。必ず・なたがたは理解するで・ろう。

Bookmark Us - Set as Home - Terms Of Use
Other Sites: Know The Prophet campaign - Discover Islam - Links SQL Plugins
Copyright 2003-2013 Islamic Education & Services Institute: Murfreesboro, TN